9月18日は 小さな茶話会 in 鎌倉です。

image

小さな茶話会 in 鎌倉 第三回のお知らせです。

昨年8月に行われた 小さな茶話会 in 鎌倉 第一回『ガラスの仮面』
今年3月に行われた 小さな茶話会 in 鎌倉 第二回『動物のお医者さん』
第一回の『ガラスの仮面』では物語の面白さや、マヤか亜弓さんのどちらが紅天女をやるのかを予想したり、ツッコミどころを語り合い。
第二回の『動物のお医者さん』ではチョビ、ミケ、ヒヨちゃんやその他出てくる動物達の可愛さや、
佐々木倫子先生の絵の綺麗さなどについて語り合いました。
一回、二回とも作品に対しての想いを吐き出し、さらにその作品に対しての想いが強くなりました。

そして今回は第三回です。
課題図書は、『海街diary』
お店の場所が鎌倉と言うこともあり、今回もあっさり決まりました。
この作品は、作中に出てくるお店が鎌倉に実在するお店が多いです。
そして、何気なく歩いてる道も見覚えがある道が出てきます。
読みながら、この飲み屋はどこだろう?とかこの食堂はどこがモデルになってるのだろう等、
考えながら読んでいます。
物語では、私は一巻のすずちゃんが大泣きするシーンの印象が深いです。
鎌倉に住みはじめてから、すずちゃんが日常の中で「自分の居場所があるんだ」と
何気ない会話の中で確信してるところもグッと来ます。

皆さんはどのシーンが好きですか?
物語に出てくるお店はどこがモデルになってると思いますか?
語り合いましょう。

以下 大井夏代さん↓

。。。。。。。。。。。。。。。。
少女まんがについてざっくばらんに語ろう
小さな茶話会 in 鎌倉 第三回
読ム読ム×少女まんが館
。。。。。。。。。。。。。。。。
●日時
2016年9月18日(日曜日) 午後2時~4時頃

●場所
漫画の多い喫茶店 読ム読ム
住所:〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町1-2-19
電話:0467-23-0799
*JR鎌倉駅より徒歩7分ほど

●課題図書
『海街diary』 吉田秋生(『月刊フラワーズ』連載中 flowers comics 1~7巻 小学館)

鎌倉の風景がとてもリアルに、印象的に登場する吉田秋生先生の現在進行形の作品です。4人姉妹が織りなす何気ない日常生活と、人間模様がしっとりぐいぐいっと胸にしみこみます。昨年、2015年には実写映画化されて好評を博し、とても話題にもなりました。
吉田秋生先生は、少女まんがをさらにパワーアップしてポピュラーにする力ある作家さんだなぁとつくづく感じます。ミラクルっ!
今回は鎌倉つながりで、このテーマに即決いたしました。『海街diary』を愛する方々、鎌倉・湘南にゆかりのある方々、思い入れがある方々、ざっくばらんにいろいろ語り合いましょう。

●参加資格
『海街diary』を愛する人すべて

●参加費
ワンドリンク+ワンコイン(500円)
 参加希望の方は、女ま館宛にメールを(氏名、当日連絡先明記)。
  (このページの最下部にメールアドレスあり)
 あるいは、読ム読ムさんへ電話で(氏名、当日連絡先必須)。

●「小さな茶話会」について
東京都あきる野市にある少女まんがの専門図書館「少女まんが館」にて、2012年春から不定期に行われている、“ざっくばらんな少女まんがについての井戸端会議のような……”ものです。
少女まんがの珠玉作品『小さなお茶会』(猫十字社)に敬意を表し……一文字違えた名前に致しました。
これまでのテーマは……
第一回 『ポーの一族』(萩尾望都)
第二回 大島弓子作品群 『ローズティーセレモニー』『ロングロングケーキ』『ダリアの帯』『秋日子かく語りき』『毎日が夏休み』など
第三回 山岸凉子作品群 『日出処の天子』『天人唐草』『汐の声』『ひいなの埋葬』『セイレーン』など
第四回 木原敏江作品群 『摩利と新吾』『花伝ツァ』など
第五回 ビブリオバトル風(各自が好きな作品をみなに紹介しあう)
第六回 『ポーの一族』(萩尾望都)ふたたび
第七回 くらもちふさこ作品群 『白いアイドル』など
第八回 『ポーの一族』(萩尾望都)みたび

上記のようなテーマで、土曜日昼下がりの2時間ほど、少女まんが館に参加者が集まり、各個人にたまりにたまったその作品(作者)へのこだわり、想いをみなで披露しあってまいりました。

初めて出会う人々の集まりにもかかわらず、その作品(作者)ファンならではの、「そうそうそう!」の連続、「あの場面の意味は?」「それはね、こうだと思う」「こうともとれる」「このようにも考えられる」「だからそうなのか!」などと会話がはずみ、その和気あいあいぶり、平和と発見の空間体験は、「生きていてよかった」と思える至福の時間です(その作品も作者も知らない人には、ちんぷんかんぷんな単語の応酬でちちんぷいぷいなかんじ請け合いですが)。

今回も「この店が漫画について語りあう場所になれたらいいなぁ」という「読ム読ム」店主・久宗明子さんからの依頼を受けて、少女まんが館「小さな茶話会」が鎌倉に出張いたします。「読ム読ム」では、昨年夏に第一回として『ガラスの仮面』、今年春に第二回として『動物のお医者さん』をテーマに「出張 小さな茶話会」を行いました。今回で三回目となります。年1~2回の間隔で続けていければいいなぁと思っています。

「少女まんが」の輪が、鎌倉に広がることを祈って……。

(文責 少女まんが館 大井夏代)

2016年7月吉日
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。